もとまち寄席 恋雅亭 ■公演記録 ■根多帳 ■恋雅亭年表 ■恋雅亭同人会 ■春駒HOME
 
昭和53年4月8日にスタートし、毎月1回のペースで開催
おかげさまで、今年(平成29年)4月で開席39年を迎えました

第473回
もとまち寄席 恋雅亭
 公演日時:平成30年1月10日(水)
 開場午後5時30分 開演:午後6時30分
 出 演
  笑福亭 べ 瓶
三 扇
笑福亭 鶴 二
米 二
中入
笑福亭 学 光
文 珍 (主任)
場所:神戸元町 
    凮月堂ホール

料金: 2000 円(当日)
    1800 円(前売)1500円(会員)

前売券:12月11日より凮月堂で発売

お問い合わせ:
   E-mail:yoshi2882@r7.dion.ne.jp
             吉村 宛
 もとまち寄席・恋雅亭平成三十年の一月新春初席公演をご紹介致します。
 公演のトップは、笑福亭鶴瓶一門から笑福亭べ瓶師。平成十四年入門のキャリア十五年。数々の受賞歴と三度の破門ととても紹介出来ません。言えることは一言。「達者やで」です。是非、皆様の目と耳でお確かめ下さい。

 二つ目は、六代桂文枝一門から、当席二度目の出演となります。女流・桂三扇師匠に登場願います。この師匠も達者です。今回も女流ならではの切り口の爆笑落語を頼んまっせ。

 三つ目は、故六代目笑福亭松鶴師匠の最後の直弟子・笑福亭鶴二師匠。末弟でも、昭和六十一年入門キャリア三十一年のベテラン。各地の落語会や当席での活躍はご存知の通りです。笑福亭の豪放磊落にプラス、舞踊の素養を生かした綺麗な高座には定評がある師匠です。上方落語らしい上方落語を満喫下さい。

 中トリは、故桂米朝一門から桂米二師匠にご登場願います。昭和五十一年に入門ですから、キャリアも四十年超。師匠の教えに忠実に正統派上方古典落語を演じられる師匠。初席の高座は何を? 今から楽しみです。

 中入り後は、笑福亭鶴光師匠の総領弟子・笑福亭学光師匠に盛り上げて頂きます。
いつまでも愛くるしい笑顔と語り口で若々しい師匠です。今回も大張りきりでの登場です。

 当席・新春初席のトリは勿論、桂文珍師匠にお願い致しました。この師匠についてはもう説明の必要はありませんね。『くっしゃみ講釈・二十九年』『へっつい幽霊・二十八年』『花見酒・二十七年』『けんげしゃ茶屋・二十六年』『宿屋仇・二十五年』。さて、本年の新春初席では・・・。お楽しみに。


第474回
もとまち寄席 恋雅亭
 公演日時:平成30年2月10日(土)
 開場午後5時30分 開演:午後6時30分
 出 演
  林家 愛 染
笑福亭 風 喬
林家 花 丸
春 若
中入
文 昇
塩 鯛 (主任)
場所:神戸元町 
    凮月堂ホール

料金: 2000 円(当日)
    1800 円(前売)1500円(会員)

前売券:1月11日より凮月堂で発売

お問い合わせ:
   E-mail:yoshi2882@r7.dion.ne.jp
             吉村 宛


恋
雅
亭
上方落語鑑賞組織 【喜公会】  
只今会員募集中

・ 本会は上方落語および恋雅亭を愛好される方々のためのファンクラブ組織です。
・ 入会金: 500円 年会費:1500円  (二年目以降は年会費のみ)

・ 会員になられた方には特典として
  1.入場料金を当日料金から500円割引
  2.毎月一回、会報をお送り致します

お問い合わせ先
  恋雅亭同人会内  喜公会事務局  TEL (078)734―3510
  恋雅亭同人会 吉村 080-4014-5579
恋
雅
亭